スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親がパリに遊びに来ました

20070615011507.jpg

10日間ほど、両親がフランスに遊びに来ていました。
狭いアパートの部屋(28㎡。パリの学生の部屋にしては結構広い方です。)に3人で寝泊り。窮屈で大変でしたが、それなりに楽しかったです

普段はヴェルサイユと自宅を行き来するだけの単調な毎日ですが(ほとんどパリの街中をうろうろする事はありません・・・)、これもいい機会、観光客気分を味わいながらパリの生活を楽しむ事にしました。

両親は、もしかしたらこれが最後のフランス旅行かも?!という思いもあったのか(既に5回以上来ているような気がしますが・・・・)、「あそこへ行っておけば良かった!」という想いが残らないように、毎日ハードに動き回っていました。
両親がパリに着いた日は、以前からお世話になっているマルタン夫妻(フランス人のご主人ジャン・ロジェと、パラグアイ人の奥様グラディス。ノルマンディにお家を持っている夫婦です。)が車で空港まで、両親を迎えに行ってくれました。
そして私のお家に着くと、「これは明日の朝食用ね!」と言って、大きいブリオッシュと、グラディスがノルマンディで摘んだ野イチゴで作ってくれたジャム!をプレゼントしてくれました。
彼女の作ってくれるジャムは、どこで買うジャムよりも美味しい!!!
ジャムがあまり好きではない私でも、パクパク食べられるジャムです。

というわけで、明日の朝ごはんはこれで決まりですね☆

旅行中の予定を確認して、一旦ここでマルタン夫妻とはお別れ。
(夫妻は今回の両親の旅行に合わせて、わざわざノルマンディーから5日間だけパリに戻ってきてくれていたんです!)

着いたのが夕方でしたので、その日は夕ご飯を食べて終わり。
どこで食べるか迷いましたが、以前ミシュランの本を見たときに載っていた、うちから歩いていける「la gauloise」というレストランに食べに行きました。
私はデザートを取りませんでしたが(これから来るであろう、「食い倒れ地獄」に備えて・・・・)、父と母はせっかくなので、デザートも。
久しぶりに食べる本場の「クレーム・ブリュレ」に感動していました。


写真は、うちの近くのビル・アッケイム橋。
メトロ6番線が通っています。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ

スポンサーサイト

コメント

ジャム美味しそう。。。
食い倒れ地獄を満喫できたようでなによりです^^。

グラディスさんって前話していた、ブリオッシュ作りの名人の人?

miwoちゃん、

食い倒れ地獄、苦しかったわ・・・

ブリオッシュ作りの名人は、マルタン夫妻のノルマンディのお友達よん。
かなりお腹の大きい、見た目から
「美味しそうなもの」を作ってくれそうな感じがするムッシューです^^

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。