スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス第2の都市「Lyonリヨン」で食いしん坊の旅☆Ⅲ

20070421025245.jpg

ゆっくり時間をかけてお昼を食べた後は、カロリーを消費するべく、旧市街の方にもう一度歩き、今度は白く燦然と輝くノートルダムがあるフルヴィエールの丘に。
20070421031432.jpg

丘の上まで登る階段からの景色。
20070422074626.jpg


20070421160520.jpg

ノートルダム・ド・フルヴィエールは1872年から24年の歳月をかけて作られ、教会堂は中世風に、塔などはビザンチン様式を取り入れてあります。
内部は金とトルコ石のような水色で綺麗に装飾されています。
壁や床にモザイクが敷き詰められていて、とても素敵な教会です☆
20070422054509.jpg

20070421160258.jpg
すべてモザイクでできています。
20070421031755.jpg


教会の裏手に回ると、リヨンの街を一望できるテラスに出ます。
南仏によく見られる赤い屋根がリヨンでも。
20070423081115.jpg
川の手前側が旧市街です。

教会の次は、そのすぐ近くにある古代ローマ劇場へ。
紀元前15世紀の建造で、フランス最古のものです。
今でも1万人を収容でき、オペラやコンサートの会場として使われています。
20070421160710.jpg
(ここでカメラの電池が残りわずかとなり、カメラのアングルをみる事が出来なくなってしまったので、あまりいい角度で撮る事が出来なくなってしまいました。)
20070421160740.jpg


今回のヴァカンス中はお天気にも恵まれ(ヨーロッパ中がそうだったようですが)、1泊2日とはいえ、食に芸術に観光にと中身の濃い旅行でした☆
すっかり胃が大きくなってしまって少し太ってしまいましたが(1泊で良かったのかも・・・)、まあ、いいか?!



ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ

スポンサーサイト

コメント

ちょっとゴージャスな教会ですね。
タイル張りかぁ。時間も手間もかかるんですよね。
町の屋根とか、どこの町も似た感じですが、それでも好きです。
いつもぼーっと眺めてしまいます。

valvaneさん、

ヴェルサイユ宮殿やルーヴルとかもいいですが、私は田舎の町の素朴なお家が大好きです。
なんか見ていて安心感があるんですよね。
私も、valvaneさんと同じくボーっと街並みをみてしまいますi-228

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。