スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記バイヨンヌ編♪




オロロン・サント・マリーからポーに戻り、ポーからバイヨンヌ行きの電車に乗って1時間ちょっと。
乗っている途中からどんどん天気が良くなってきて、バイヨンヌは快晴!!
気持ちよいぐらいスカーンッと晴れていました♪


バイヨンヌの伝統的なお祭り。(絵葉書から)

バイヨンヌはフランスとスペインをまたがるバスク地方の中心地(オロロン・サント・マリーもバスク地方です)。
古代ローマ時代には街道筋の町として、12~15世紀には貿易港として栄えていたそうです。





まずはプティバイヨンヌと呼ばれている旧市街にあるボナ美術館へ。
ボナはバイヨンヌ出身の画家で、ロートレックやムンク、ブラック、デュフィの師として知られています。


「Mademoiselle Franchetti」
他にも、私の好きなアングルが何点か置いてありました☆



バイヨンヌといえば、生ハム!!
しっかりパリ土産に生ハムの塊りを購入♪(あ、でもこの大きな塊りではありません、さすがに

そして今回の旅行で知ったのですが、バイヨンヌはフランスで初めてチョコレートを作った町でもあるそうです。なので町にはたくさんのショコラティエ(チョコレート屋さん)がありました。
その中のひとつ、「CAZENAVE(どうやら老舗のお店らしいです)」で朝食セットを頂いたのですが、セットの中に濃厚なショコラ(ココア)が!!!!
すっごく濃くて美味しかったのですが、普段あまりチョコレートもココアもそんなに摂取しない私は(どちらかというと、ご飯系をよく食べるので)、1杯全部を飲みきる事ができませんでした。ちゃんとお代わり用のショコラもあったのに!もったいなかったです。。





濃~いショコラにシャンティイ(生クリーム)を添えて。

次回はビアリッツ編です♪

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ
スポンサーサイト

コメント

バイヨンヌのショコラは・・・

味が濃いのです。純度が高い。もちろんミルク系もありますけど・・・。アフリカ貿易との接点だったので、カカオが最初に上陸したらしいです。なので、純度の高いショコラが伝統的に多い、とか。

狭い路地を進んでいくと、ショコラ屋さんとかハム屋さんとか、地元のお店がたくさんあったように記憶しています。

あのあたりにあったカフェに入って、心くん宅に電話した記憶があります。

更新まってました☆

バイヨンヌのお祭りの写真、かわいい☆

やはり、写真ステキですね^^。

あまりにも羨ましすぎる!!!

今の私はへっとへと~♪

丸の内のPierreさん、

チョコレート濃かったです!!でもやっぱり美味しかったですよ。

狭い路地にチョコレート屋サンやハム屋サン、たくさん並んでいましたよね♪
バイヨンヌ、すごく良い町でした。町の人達もみなさん、素朴ですごく素敵だったし、町並みも私好みでした☆

miwoちゃん、

miwoちゃんのブログと私のブログにかなりの時差が・・・・・ビアリッツまで行くのに3週間もかかっちゃったよ。ごめんね。。

バイヨンヌのお祭りの写真、可愛いよね!またお祭りを見に行きたいなあ。

ガウリさん、

どうしたんですか??大丈夫ですか?
私も最近かなり大変になってきました。。これから2週間が正念場です。。
と思っていたら、今週風邪ひいちゃいました。。バカです~

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。