スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア人の若手KATSARAVA先生のコンサート&ガレット・ド・ロア




先週の火曜日、エコールノルマル音楽院のお昼のコンサートで友達の先生であるピアニストのGuigla KATSARAVA先生が演奏されるという事で、聴きに行ってきました。

KATSARAVA先生はまだ30代半ばぐらいのロシア人の若手の先生です。
ノルマルには一体何人のピアノの先生がいらっしゃるんだろう??と思ってしまうぐらい、たくさんピアノの先生がいらっしゃいます。(もともとアルフレッド・コルトーという有名なピアニストが作った音楽院なのでピアノには特に力を入れているのかもしれません。)
エコールノルマル音楽院は公立の音楽院を退官された先生が多いので、有名な先生もたくさんいらっしゃいます。
その大御所がたくさんいらっしゃる中、まだ弱冠30代でありながらもエコールノルマルで教えてらっしゃるのですから、すごいですよね(初めはアシスタントとして始められたようです)!

コンサートのプログラムは

スクリャービン *Sonata No.3 op.23
        *2つのポエム op.32

リスト     *Klavierstuck 
        *Apparition No.1
        *Valse oubliee No.1
        *Valse-Impromptu
        *Polonaise No.2

でした。


リストが素晴らしかったです♪
高音の早いパッセージが得意のようで、キラキラキラ~と弾いていらっしゃいました。


友達から「クマのように大きい!」とか「隣の喪黒(笑うセールスマン)みたい!」とか聞いていたので「一体どんな先生なんだ・・・?」と思ってちょっとその辺りも楽しみにして聴きにいきましたら・・・・・・・・・・・「隣の喪黒」さんでした

でも確かにクマさんのように大きいので、イメージとしては、やたら運動神経のいい俊足のクマさんと言ったところでしょうか・・・?(・・・・・・スミマセン。こんな例えで。)
でもとてもロマンティックに歌っていらっしゃって素敵でした!!!!!

写真は、1月の第1日曜日に食べる「ガレット・ド・ロア」。
ノエルが終わった後あたりから1月の末近くまでお店に並びます。
中には一つだけ瀬戸物のちっちゃいお人形が入っていて(元々はそら豆を使っていたようです)、そのお人形が当たった人はその年の王様になれる!!という、ゲームも出来るお菓子です。
私は今年2つ食べて、1回目が当たりましたが2回目は外れちゃいました。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ



スポンサーサイト

コメント

ロシアの若手ピアニスト♪

Chinatsu-san先月は弊Blogへのご訪問どうもありがとうございました♪リンク、私のほうこそ勝手に貼らせて頂いておりました。拙いBlogですがこちらこそ宜しくお願い致します!ロシアのKATSARAVA先生、運動神経の良いクマさんの様だと伺って思わず笑ってしまいました♪私もロシアの音楽家が好きです。昨年末、日ロ国交回復50周年を記念した音楽会がロシア大使館で行われ、ロシアの若手男性ピアニストのフィリップ・コパチュフスキー君が素晴らしい演奏をされました!KATSARAVA先生はフィリップ君をご存知でしょうか!?私はこの演奏会まで彼の経歴を知らなかったのですが、何と、9歳の時にイタリアの国際ピアノコンクールLaMuseで1位となり「ロシアの神童」と呼ばれ、15歳の時には、シューベルト国際コンクールで最年少で3位になられ、その後も目覚しい活躍をされているようです。先月行われたノボシビルスクでの国際ピアノコンクールでも第1位に輝かれ、彼のお母様から日ロ協会の方へご連絡があったのだそうです。フィリップ君は細身で可愛らしい顔立ちの16歳の少年でした♪

コルトーはパリ音楽院という印象でしたが、エコールノルマル音楽院の創設者でもあったんですねぇ~♪

家うさぎさん、

こんにちは☆
コメントありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします!

フィリップ君、私は知らなかったのですが、すごい経歴ですね!!しかもまだ16歳!!!!
才能も若さもあるだなんて、羨ましい限りです。

ロシアの音楽家は華やかですごく歌いますよね~

今日もニコライ・ルガンスキーというロシアのピアニストのコンサートに行こうと思ったのですが、会場にいきましたら、
なんとそのピアニスト、どこかからか落ちて怪我をして、コンサートがキャンセルになってました・・・。
どんな怪我だかよく分らなかったのですが、心配です。

Dr.Poissonさん、

エコールノルマルのホールは「サル コルトー」と呼ばれていて、造りが素敵で重要文化財にもなってるんですよ~
確かにピアノの人には弾きやすそうなホールです。ヴァイオリンには少しきついですが(あまり響いた音が自分には聞こえないので)・・・・・・・・。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。