スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロック音楽研究センター




12月に入ってしまいましたね。2006年ももう終わり。
皆さん、2006年はどんな年でしたか??

私にとって今年は・・・・音楽だけじゃなく、人としてのあり方や人との関わり方をすごく考えさせられた年でした。・・といっても未だ答えは出ていません。。。これからも考え続けなければいけない問題なのだと思います。

いろんな経験を経て、次に繋げていければ!!と思っています。


木曜日、ヴェルサイユにあるバロック音楽研究センターの図書館で演奏してきました。
ちょうどルイ14世の時代にバロック音楽が盛んだったこともあり、ヴェルサイユとバロック音楽は切っても切れない関係のようです。



バロック音楽と言うと、ヴィヴァルディ、スカルラッティ、ヘンデル、テレマン、バッハなどが有名ですが、フランスでも盛んでした。
フランス・バロックで有名なのはフランソワ・クープランとジャン・フィリップ・ラモー。
ルイ14世はバレエを踊る人だったのでバレエ音楽が作られたり、イタリア風オペラからヒントを得て作られたフランス風オペラ「抒情的悲劇 tragedie lyrique」、音楽悲劇「tragedie en musique」がたくさん作られたようです。

今回のコンサートプログラムは
*ボンナバンチュール・ジル*オーボエの為のコンチェルト
*アンリ・ジョセフ・リジェル*クラヴサン、2つのヴァイオリンとチェロのためのソナタ
*ルイ・モーリス ドゥ・ラ・ピエール*「L’amant vainqueur」
*ピエール・ヴァッション*カルテット

でした。

う~ん、一応私は音楽家のつもりですが、誰も知りません・・・・。
今回のコンサートは研究者の方が口頭で一曲ずつ曲紹介をしていらっしゃいました。
そういうコンサートもいいですね♪
私もそのお話を聞くべきだったのですが、あまりにも寒いのと疲れで、楽屋代わりの部屋で準備体操をずっとしていました・・。


さすがヴェルサイユ!素敵な図書館でした!!!


すごいボケてしまっていてすみません・・・・
古書がずらりッ!!






クラヴサンの赤、床の赤、そして彼女達の衣装の赤。
こちらの人に「赤」はよく似合いますね♪

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バロック

バロックバロック(仏:baroque)とは、16世紀末から18世紀にかけてヨーロッパ各国に広まった美術・文化の様式である。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、建築、絵画、彫刻などの分野で、動的な造形や、

コメント

素敵ですねー☆

ヴェルサイユの図書館素敵ですね~!
こういう雰囲気大好き。
弦楽器とかピアノとか歴史が古い楽器ってすごくいいなって思う。オーボエもフルートもバロック~ってあるけど、クラリネットはないからなぁ・・・
あったら絶対吹きたい!って思ってるはず♬

いいなぁ~!

本当にうらやましい限りの音楽環境で演奏活動されていらっしゃいますね♪
フランス・バロックの典雅な響き、いいですよね~!
クープランの「王宮のコンセール」が大好きで、昔フルートパートはよく練習したのですが、未だ合奏したことはありません(涙
しかし、今回のコンサートはかなりマニアックですね(私も一人も知りません・・・)

そういえば、先日神楽坂のクレープ屋さんに行ってきました。
ランチタイムだったのですが、すごい人気で15分ほど外で待たされました。
フランス人のお客さんもたくさんいて、さすが本場の味でした。
ギャレット懐かしかったです!
ちょっと前に横浜の赤レンガ倉庫で国際学会開催したのですが、そこのフードコートにたぶん出店と思われるお店がありましたが、日本でもブルターニュ風クレープ流行りそうな予感です^^

あれ?

どうしてお写真変えちゃったの~?
可愛いお顔はどんどんお使いになればよろしいのに!

HiROEちゃん、

素敵な図書館だったよ~。写真には納まりきれないぐらい。
そうか、クラリネットにはバロック音楽ないのか~。
曲も近現代が多いもんね。

Dr. Poissonさん、

Dr. Poissonさんは、フルート、どこかのグループに入ってらっしゃるのですか??レッスンも今でも続けていらっしゃるのですか??
お忙しいのに、凄いですね!!

バロックにはバロックの良さがまたありますよね♪
ロマン派などの「濃い」曲も素晴らしいですが、
バロックのような「きらびやかな軽さ」もいいものです♪

クレープ屋さん、行かれましたか!
美味しいですよね??
本場とかかわらない味が楽しめると思います。
神楽坂以外にも支店が何店かあるらしいので、
チェックしてみてください☆

日本は今フランスブームなのでしょうか??
雑誌でもパリ特集とかたくさんありますよね。
現地人よりも、日本から観光で来た人の方が詳しい有様です。。。

ガウリさん、

いやいや、見せるほどの顔でもないですし・・・・・・・・・・何よりも恥ずかしいですから。。
最近また顔がかわった様な気がします。。重力には逆らえないのでしょうか・・・。

またコンサート前とかになりましたら、載せるかもしれませんが、しばらくはまたエッフェル塔でいく事にします☆

こんにちわ。

図書館で演奏って不思議な気がしました。というのは子供の頃から図書館は皆が本を読んでいるから静かにしているところと教えられてきたからです。でもうちの近くにある図書館の雰囲気とはまったく違うクラシックが似合う場所ということは自覚できました(笑)

サンカンタンの達人さん、

こんにちは。
確かに日本での感覚で言ったら、そうですよね!!!
でも一応、バロック音楽が中心の図書館なので、ありなのかな??
図書館の中には色々なものがあって面白かったですよ。
「ルイ14世」と「マリー・アントワネット」が題材の劇の写真(あるんですね、こんな劇。ずいぶん昔の写真でしたが。)が置いてあって、さすがマリーアントワネット役の女優さんはとても美しい方でした!!

昔オケでフルート吹いておりましたが、最近はおっしゃられるとおり忙しくて特にグループには所属しておりません・・・
最近、人前で演奏するのは、友人の演奏会やイベント、知り合いの結婚式などで頼まれたときぐらいですねぇ~
週末はマイナスワンCDを相手に、一人演奏会を開いております^^(サミシー!)

Dr. Poissonさん、

更新止まっていてスミマセン・・・。

Dr. Poissonさんのフルート!!!!
是非聴かせていただきたいです!!!
結婚式・・・・・・はずいぶん先になりそうなので・・・・、
イベントか、演奏会ですね。考えておきますので、その時はよろしくお願いします!!!!i-179

素敵すぎます~。

はじめまして。フランス留学と音楽という言葉に惹かれてお邪魔致しました。わたしも趣味程度にフルートをやっていたので、今でもクラシックが大好きです♪フランスのフルーティストといえばパユ様ですよね!今年は日本にも来ておりました。それより何て素敵な図書館なんでしょう~。もううっとりしすぎてため息が出てしまいました。これからも度々遊びに来させてくださいね~。お暇ができたらわたしの駄ブログ(フラ語の勉強日記です)にも遊びに来て下さいませ♪
それでは、ランキングにポチっておきま~す!

家うさぎさん、

こんにちは☆
ご訪問&コメント有難うございます!!!

お返事がすごく遅くなってしまって、ごめんなさい!!

家うさぎさんのブログ拝見させていただきました!
素敵ですね☆
また時間があるときにゆっくり遊びに行かせて頂きます!
もしよろしければリンクもさせて頂きたいです♪

私はフランス語は苦手で・・・・、聞く方はなんとかなりますが、話すのはすごく苦手です・・・・。
もう一回一から勉強しないおさないと・・と思いつつ、時間がなくてその場しのぎやってしまっています・・。

パユ様、いいですよね!
パリでも2月にコンサートがあるので、行く予定です☆

ヴェルサイユの図書館、素敵ですよね!!
また3月ごろにもこの図書館で演奏する予定です。
そしたらまたブログに書きますね☆

ランキング応援してくださって、有難うございます!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。