スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂言

お昼にNHK教育テレビで「日本の伝統芸能・能狂言入門」の再放送をやっていて、全部ではないですが、少しの時間見入ってしまいました。
日本の伝統芸能は「観にいきたい」と思っていても時間がなかったり、全く知識がないのでどういう演目が分かりやすいのか、面白いのかというのが分からなかったり、という理由で全然見に行っていません。高校の授業で歌舞伎を観にいったぐらいです。
でもたまにテレビで放送しているのを見ては「うーーん、日本の伝統も素敵だなあ」と思って刺激を受けています。

伝統芸能の中でも、人形浄瑠璃や狂言が好きなのですが、人形のちょっとした表情の変化とか、狂言の制約された動きの中での表情の付け方など、西洋のクラシック音楽に通じるものがある気がします。

今日はその放送の中で、狂言の姿勢について思ったことがありました。
チューリッヒに音楽家の為の医療の先生がいらっしゃるのですが、その先生が教えてくださった「演奏する時の姿勢」と同じだったのです。

音楽家は見た目は優雅に演奏しているように見えますが、かなり身体に負担がかかっています。腱鞘炎は演奏家に多い悩みですし、それ以外にも肩や腰に問題を抱えている人が多いです。

私は肩こりがひどいのと、他にもたくさん悩みがあったので2回ほどその先生に診ていただきました。

「おなかに力を入れる」とか「首を引く」というところ以外は、いわゆる「いい姿勢」とはちょっと違った形で、「ひざを少し曲げる」、「肩を反らせすぎない」、などを教えていただきました。

狂言も、「ひざを少し曲げて、腰を少し引く。胸を出して、首を引く。」と身体を使って全体を「く」の字を2つ作るような、全身に力を入れた姿勢でした。
全身に力を入れるといっても、腕や手、指は力を抜くのだと思います。
体の中心に一本線がしっかりあると、その他の部分の動きに力を入れなくてもよくなり、体に負担がかかりにくい、という事なのでしょう。

私も頭では分かったのですが、いざ自分の体でやろうと思っても全く上手くいかず・・・・・

自分の体だからこそ、分からないし難しいのでしょうが、歯痒いですね。。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ






スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
姿勢はだいじなんですね。
音楽家のための医療の先生が存在するんですね!

シテの舞いの基本・すり足は少し習いました。
小鼓も大鼓も何回か体験レッスンを受けました。
ピアノの演奏と同じように、下半身やお腹にはしっかり重力を与えるけれど、上半身は柳のようにと教わりましたよ。

来月に人形浄瑠璃・文楽の公演ございますよ。
私は18日に参ります。
猫吉さんがいつも取ってくれますの。
年に2回くらいしかないのでいつもすぐに売り切れてしまいますからもうないかもしれませんが。
調べてまだありましたらご一緒したいですね~

hirayama2315さん、

こんにちは☆はじめまして!

ご訪問&コメント有難うございます!
hirayama2315さんのブログにお邪魔させて頂きました。腱鞘炎についていろいろお調べになっているのですね。
これからも遊びにいきます。よろしくお願いしますね☆

アレクサンダーテクニックはご存知ですか?こちらはアメリカ系で、音楽家だけに限らずスポーツ選手にもいいらしいのですが、音楽家のための医療、となると今ヨーロッパの、特にスイスが一番進んでいるそうです。

私は幸いまだ腱鞘炎になったことはないのですが、なりそうになったことはあります。
私の場合は練習不足で、本番前にあわてて練習すると、なりやすいみたいですi-230
前もって、時間かけて筋肉を付けていくと、腱鞘炎にはなりにくいうような気がします。

ガウリさん、

ガウリさんはお茶もやってらっしゃるし、日本の芸能に造詣が深いのではありませんか??
日本の芸は派手さが少ない分、姿勢などの見た目の部分だけでなく、集中力と精神力の強さが身に付くのでは?と思います。

私にもっとも必要な分野ですね~i-232

ガウリさん、

観に行きたいです!!!9月18日ですよね!!
ご一緒したいです!

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます!
29歳・・・悩めるお年頃でした。
そんな日々もすっかり過去のものに。
ちなつさんは充実した日々を送っていらっしゃるので、うらやましいです!

あ、18日、お会いできるのを楽しみにしております。
全くよいお席ではありませんので、ちょっと首が疲れるかもしれませんが・・・

邦楽いいですよね^^
NHK・FMの「邦楽のひととき」とかときどき聞いています。

また、最近では東儀秀樹さんとか三味線の吉田兄弟とか、伝統というだけでなく、若くて頑張っている方が増えてきましたね。

私も仕事で外国に行ったり、外国からのお客さんを招いたりすることが多いのですが、いつも日本の文化や歴史に関する質問攻めに遭うので、もっと勉強しなくちゃと思っているのですが・・・。

ちなみに、フランスで今一番ホットな日本文化は、アニメですよね^^

猫吉さん、

有難うございます☆
女性は25歳ぐらいから悩める年頃になるそうですね。
猫吉さんはもう過去の事ということで今とても充実されてるのでしょうね!子猫吉さんもいるしi-236

18日とっても楽しみしています!!お席取っていただいちゃってすみませんでした。有難うございました!!

Dr. Poissonさん、

邦楽も若手頑張ってますよねー。私たちも頑張らねば!!ですねi-179

そうなんですよねーー、海外にいるとよく聞かれますが、、、、、恥ずかしながらちゃんと答えられたことありません。。。
勉強しなくては・・・・

フランスにも日本のアニメのヲタクがいっぱい存在するみたいですi-229
ジャパンエキスポでも、ヲタクさんがいっぱい来るみたいですよ。

20年くらい前に仕事で数ヶ月フランスに滞在したことがあるのですが、泊まっていた小さなホテルの小学生の子供たちが毎日毎日食堂のTVにかじりついて日本のマンガアニメを一日中見ているので、子供たちが勉強しなくて困るとマダムがいつも私にぶつぶつこぼしてました^^

当時は日本アニメがフランスに普及し始めたころだったので、新聞やニュースでも日本アニメがフランス文化を崩壊させるなどと、かなり批判されていました。

先日ニュースで、フランスのジャパンエキスポでフレンチヲタクたちがアニメ・コスプレで大はしゃぎし、日本の外務省がそれを後援しているということを知って、「あぁ~あのころの子供たちも大人になって、アニメもフランスで市民権を得たんだなぁ~、時代は変わったもんだ・・・」とひとり感慨にふけっていたしだいです(笑)

Dr. Poissonさん、

今でも、よく日本のアニメやっていますよ~
前、ベルばらをやっていたのを見たことあるんですけど、そういうのフランス人からみたらどう思うんだろう??ってちょっと思ってしまいました。

でも、そういう時代を経てきたのは知りませんでした。そうだったんですねー。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。