スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある「山の夏の日 (by Bozza)」




やっと夏らしくなってきましたね!!
暑いですね~!

私は夏生まれなのでやっぱり夏が一番好き。
・・・・ですが暑さには弱いのです。。
パリにいるときはクーラーがないこともあって、毎年必ず夏バテしてしまいます。まあ、普段食べすぎなぐらいに食べる人なので、夏バテして少し痩せるぐらいがちょうどいいのですが。
今年は「暑い」と思ったらすぐクーラーのある場所に逃げれる日本にいるので、夏バテにはならなそうです。でも反対に太らないようにしなくちゃ、ですね

今日はそんななかお墓参りにいきました。しかも二箇所。。
体調もあんまり良くなかったので、お墓のお掃除をしているうちにだんだんフラフラ状態に。
私より祖母の方が元気かも・・
こんなことではいけませんね。しかしどうやったら暑さに強くなるのでしょう??誰か教えてください~



お墓参りが終わってから、そのまますぐ近くにある鎌倉の石釜ガーデンテラスでお食事をしました。
こちらは鎌倉五山の一つで、足利貞氏のお墓もある浄明寺の中にあって、昔華族が持っていたお家の石釜を使って焼くパンがお勧めだそうです。
浄明寺もガーデンテラスもとても雰囲気の良いところで、のんびりとした時間を過ごせました♪



8月の日曜日ということで、浄明寺には鎌倉散策してらっしゃる方がいっぱいいました。



浄明寺の看板?猫ちゃん。


今、NHKの芸術劇場がフランス人のフルーティースト、マチュー・デュ・フォーによるプーランクのフルートソナタの演奏を放映していました。
彼の持つ幅広い多彩な音色は一体どこから生まれて来るのでしょう??


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ






スポンサーサイト

コメント

こんにちわ。毎日暑いですね。。i-1
私も残暑厳しい頃の生まれですが、暑さは苦手です;; もっと秋が深まった頃の方が好き。
イギリスの夏は涼しくてすごしやすかったですが、パリの夏は暑くなるんですか?
パリも同じくらいかと思っていましたが…。
と言うわけで、私もここで、どなたかがいいこと教えてくださるのを待ちましょうか。i-229

同じ頃なんですね!

valvaneさん、

valvaneさんも、8月生まれなのですね!
寒いのもイヤですが、暑すぎるのも問題ですよね。。
パリは涼しい時もあるのですが、暑い時は35度以上になることも。乾燥しているので日陰は幾分涼しいですが。
太陽の光が強すぎてずっと外にいるとクラクラしてきます。
紫外線も強いし。。

度々お邪魔します^^

お誕生日おめでとうございます。
実は私も8月生まれで、夏が大好きですが、ボディーは寒冷地仕様で暑いとすぐオーバーヒートします^^

ChinatsuさんもNHKのデュフォーのプーランク聞かれたのですね。デュフォーは若いのに、老成したような風格がありますよね(見た目も・・・)。

お邪魔しました。。

Dr. Poissonさん、

寒冷地仕様・・・・・i-179
Dr. Poissonさんも8月生まれでしたか~
フランスは8月後半に入るともう秋なんですが、日本はまだまだ!!という感じですね。

Dr. Poissonさんもお誕生日おめでとうございます☆

私はまだないですが、母は生デュフォー聴きに行ったらしいです。同じフルート奏者として、やっぱりデュフォーってすごいですか??

私も生デュフォーは残念ながらまだ聞いていないのですが、テクニックはすごいですよね。プーランクは高音域での速いパッセージが大変難しいのですが、一つ一つの音が正確に美しく鳴っていて、まるで粒のそろったキラめく真珠のネックレスのようでした。

確かラリューの弟子だったかと思いますが、明るく透き通った典型的なフランス系笛吹の音ですね(ゴールドを使っているというのもあるかと思いますが)。私は、どちらかというと、ニコレのような渋い音が好きなのですが、デュフォーも一時ニコレに師事していたようで、精神性の深さも感じました。

これからしばらくはパユとデュフォーの時代が続くのでしょうね。私は、個人的には高木綾子さんを応援しているのですが^^

Dr. Poissonさん、

高木綾子さんですか~。
パリでもたまに演奏会をなさっているみたいです。まだ聴きに行ったことはありませんが・・・今度演奏会見つけたら聴きに行ってきます!

明るく透き通っていて、でも精神性の深さも感じられるってすごい演奏ですよねi-228
特にフルートは、そういう音色の変化を出すのが難しいと、母からよく聞きます(母も趣味でフルートを演奏するので・・・)。

一体どんな体の仕組みになってるんでしょうねi-232

高木綾子さんは、お若いのにものすごく多彩な音色を使い分けることのできる希有なflutistの一人です。芸大の金昌国先生のお弟子さんで、私もその昔(たぶんChinastuさんがお生まれになった頃)金先生の公開レッスンを受けたことがあるのですが、曲中の一つ一つのフレーズの持つ色彩に対する音色の使い分けについて大変熱心に教えていただきました。

以前、宇津木先生とChinatsuさんのコンサートに伺ったとき、私が前にいた職場の人がいて、びっくりして聞いたところ宇津木先生にflute習っているとのことでした。お母様のこともよくご存じのようでしたよ。世の中狭いもんですよね。まぁ、私とChinatsuさんの出会いも、不思議なご縁ですが^^

Dr. Poissonさん、

えええ!?
そんなつながりがあったのですか?!
知りませんでした。聞いてませんよ、母には。。
ビックリです。
Dr. Poissonさんとパリでお会いしたのも、すごい不思議なご縁ですよね!

またあの時のように広島の姫とお酒でも飲みながらゆっくりお話したいですね~

えっとー、9月産まれのvalvaneです。i-235
暑さ苦手克服のコツを教えてくださる方をお待ちし続けていますが、なかなか現れませんね…。みんな、暑いの苦手?

valvaneさん、

valvaneさんは9月ですか。
私は・・・実は明日なんですi-237

皆さんも、この暑さには参っているようですねi-229

幸い今年は夏バテせずにすみそうです。食べまくっております。。体力はばっちりなのでなんとかもっています。

改めて、お誕生日おめでとうございます。

日本でも、クールビズだけじゃなく、バカンスの習慣一般化しないですかね~。。。地球温暖化防止のために・・・(←たてまえ^^)

chinatsuさん、お誕生日おめでとうございます。i-101
今年は久し振りに、日本での誕生日ということになるんですね。
今夜は和食三昧…? ってわけでもないか。i-229 

Dr. Poissonさん、

有難うございます☆
とうとう三十路まで12ヶ月となってしまいました。。

本当に、もっとヴァカンス欲しいですよね!!といっても、私の場合働いていたとしても自由業のようなものなので、あんまり関係ないですが。。平日も週末も関係なしi-182いいのか、悪いのか。。

valvaneさん、

有難うございます☆

日本に帰ってきてから、日本食がおいしくて太ってしまいましたi-280
お米大好きっ子なので、やっぱり和食が一番です!

と言いつつ、今日は友達と自由が丘にあるケーキ屋さん(フランスで賞をとった方がなさっているサロン・ド・テ)でケーキをご馳走になっちゃいましたi-237

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。