スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯建(うだつ)が上がらない・・・??





鎌倉に帰ってきたので、海野宿の写真をupします♪


説明書きによると、海野宿は1625年に北国街道の宿駅として開設されました。北国街道は中山道と北陸道を結ぶ重要な街道で、佐渡でとれた金の輸送、北陸の諸大名の参勤交代等、江戸との交通も頻繁で、善光寺への参詣客も多くありました。

明治時代に入ると宿場の機能は失われ、代わって始めた養蚕業が大変盛んになりました。この養蚕最盛期の明治・大正時代の蚕室造りの建物と江戸時代の旅籠屋造りの建物とがよく調和して現在まで残されています。


私が行った時には丁度雨上がりで、道の中央を流れる用水に沿って植えられた柳の緑や、よく手入れされた花々が、生き生きしていてとても美しかったです☆












「卯建(うだつ)」とは海野宿に見られる特徴的な屋根で、建物の両側にある妻壁を屋根より一段高く上げて小屋根を付けたもの、またそこに意匠を凝らし装飾を付けたもので、富裕の家でなければできるものではないことから、「うだつが上がらない」という言葉が生まれたそうです。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ




スポンサーサイト

コメント

どんどんさかのぼってコメントしてます^^

海野宿行かれたんですね。私は今、伊勢におりますが、去年の3月までは、この写真に写っている北国街道を上田方面に車で10分くらい走ったところにある、千曲川のほとりの研究所で魚の研究にいそしんでいたんですよぉ。夏は釣り、冬はスキー、ワイナリーやチーズ工房でのランチ、行きつけのこじゃれたBAR、とまるでフレンチ・カントリーライフを地でいくような生活をエンジョイしていたので、もうちょっと長くいたかったのに・・・。長野は鈴木先生に斉藤先生と、音楽にも縁が深いですよね。上田は映画の町でもあって(古い町並みが多く残っているのでロケ地が多い)、いま「犬神家の一族」の完全リメイク版のクランクインしているようですよ(行きつけだったBAR情報)。

Dr. Poissonさん、

お忙しいですね~!ずっと伊勢にいらっしゃるのだと思っていましたが・・・。
でも日本にいながらにして、スキーやワイン・チーズをいっぺんに楽しめる所にいらっしゃったなんて、うらやましいです!
うちの家族はよく軽井沢にいくのですが、チーズ工房は両親、そして祖母もはまっているようですi-277私はまだ行ったことがないですけれど・・。

上田もよく行きますよ~

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。