スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲランドの思い出 ~ロワール夏期国際音楽アカデミー~ 続き





前回の記事で、パリの「音楽の日」について書きましたが、その後「一期一演」のakikoちゃんがたくさんの写真と共に「音楽の日」の楽しさをより詳しくレポートしてくれたので、よかったら見てみてくださいね♪(TBされてます)
私はデジカメを購入してからまだあまり写真を撮ってないので、「音楽の日」の写真もアップできず、残念でした。「思い立ったらすぐ撮る」というのをこれからはクセにしていかないとダメですね。。頑張ります☆

ではではゲランドのお話の続き♪


ゲランドといえばお塩!!
特に「Fleur de sel 塩の花」といわれる一番塩は本当においしい!


ゲランドの塩
「ゲランドの塩が届くまで」のところに詳しい塩田の写真などが載っています。


機械をほとんど使わない昔からのやり方を続けながら生産しているらしいです。
以前、このあたりは大西洋岸では有名なリゾート地です、と書きましたが、
塩職人たちとこのリゾート開発側とでいろいろとぶつかり合いがあったようです。

20世紀に入ってから工業塩の大量生産が始まって、塩職人の後継者が減っていき、1968年にはリゾート開発計画も持ち上り、ゲランドの塩田は消滅寸前だったようです。
すでに少数だった塩職人達が開発計画に猛反対をして、そしてその頃ちょうど起こった学生運動(資本主義を問い直す思想運動。「自然に帰れ」や「都市から農村へ」という合言葉も生まれた)の助けもあり、生態学者・生物学者によってこのゲランドの生態系の豊かさも明らかにされ、1996年ゲランド塩田は国の自然保護区とされたのです。


Akikoちゃんと私の組んでいるデュオ「ぷらん・それいゆ」、そしてピアニストminaちゃんが加わった「アンサンブル ロワール」は「WWF (World Wide Fund for Nature 世界自然保護基金)」の活動を支援しているのですが、ゲランドの古く9世紀から伝わる手法で作られる大自然からの恵みである塩と、そして塩田がなくならなかった事を、開発に反対し30年間抵抗し続けてきた塩職人たちに、私達は感謝しなければなりませんね。

フランスにいらっしゃった時にはぜひお土産にどうぞ!!(日本でも買えるみたいですね♪)私も講習会終了後に、怪しまれるぐらいの量の塩を買って帰って、日本の方にフランスのお土産として配りました。

ヲヤジさんによりますと、和食でしたら赤身の牛肉やすずきの塩焼きなどに良いそうですよ!!
もちろん、フランス料理にはピッタリです♪



ゲランドの中心地は15世紀に建てられたお城の壁の中にあって、この辺の名物クレープが食べられるクレープリーや、お塩を売っているお土産屋さん、雑貨屋さん、そしてアート関係のお店やギャラリーなどがあります。

講習会では練習も勿論!!いっぱいしましたが、たまーに講習会場である修道院を抜け出して、城壁で囲まれた町に出て(と言っても修道院から歩いて5分程です。)
その土地の名物であるそば粉で出来たクレープ「ガレット」を食べたり、お洒落なブティックを覗いたり・・・。

ひたすら練習のみの講習会も勉強になりますが、こういうのもいいものです。
フランスに来たからにはいろいろな土地の薫り(そして味も?!)を味わいたいですものね♪
そしてそれがまた各々の演奏にもいかされてくるかもしれないですし?!

このあたりはロワール地方といっても、土地の色としてはブルターニュ地方と言ってもいいぐらい、ブルターニュの特色がよく出ています。(「ガレット」も元々はブルターニュの料理です。)
この講習会がある時期(8月中旬から下旬にかけて)も、ブルターニュ地方で行われるお祭りが開かれるらしいです。
残念ながら、私はレッスンが毎日入っていてそのお祭りは見れませんでした。。。

写真はブルターニュ地方のお祭りの様子です。
カンペールの絵葉書から。


そしてこちらはゲランド中心地。城壁の入り口があります。



思いっきり逆光ですね。スミマセン。。


ランキングに参加しています。
クリックお願いします♪



新しくこちらも入りました!

にほんブログ村 クラシックブログへ



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

chinatsuさん、こんにちわ。

本当に良い経験をいっぱいしていますね。しかもその若さで。本当に羨ましいです。人生貪欲であれということばをchinatsuさんの記事を見るたびに思い出します。フランス生活引き続きがんばってください。応援しています。

有難うございます!!頑張ります!!

サンカンタンの達人さん、

応援コメントありがとうございます!!嬉しいです!

私は何も特別なことはしていませんが、こうやって色々な経験が出来ることに感謝しなければ!!ですよね。
若くはないですけれど・・・・でも普通なら働いていなければいけないこの年に、今得るものは大きいという理由で、このフランスで勉強できるというのはとても幸せなことだと思います。
頑張ります!!

わざわざ塩田写真探して頂いて、

ありがとうございました~v-10

その土地の風土にどっぷりつかるのもイイ勉強になりますですね。

今回

ヲヤジさんへ、

今回この記事のためにゲランドのことを調べて、
とても勉強になりましたー
「ブログを書く」っていうのは、自分にとってもとてもためになりますね!

コンサートの告知どうもありがとうございました!!!ちょっとビックリしましたが。。

頑張ります!

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。