スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士市ハウスゾンネンシャイン音楽堂♪

ナンシー、ルーブル、ブルターニュavec昭子ちゃん 191

5月23日、富士市のハウスゾンネンシャイン音楽堂にて、フルートの稲葉由紀さんと共にデュオのコンサートをさせて頂きました♪


ハウスゾンネンシャイン音楽堂には私は今回初めてお邪魔させていただいたのですが、とっても可愛らしく素敵な建物でしたお家の中にはお庭で咲いた美しいバラが活けられていました。

1910年にパリで作られたパイプオルガンや1833年にイギリスで作られたスクエアピアノが置かれていて、雰囲気もヨーロッパの小さな教会のようで、足を踏み入れた瞬間なんだかとっても懐かしい気持ちに。

今回はプログラムは稲葉さんがすべて構成してくださり、私はただ演奏するだけでした・・・・
フルートとヴァイオリンの2つのメロディー楽器が奏でる「カノン」をテーマに、テレマン、大バッハ、モーツァルト、ハイドン、フリーデマン・バッハ、レイモンド・ギオ、ゴッフレッド・ペトラッシ、ヒンデミットの作品を演奏させていただきました。


稲葉さんの演出で、モーツァルトの「テーブルミュージック」は、一つのテーブルを挟んでお互い向かい合って演奏してみたり(譜面が見えにくく意外と大変でしたが、楽しい経験でした!)。
とても響きの良いお部屋でしたので、ハイドンの「エコー」と言う作品では(同じメロディがエコーのように聞こえる作品なのです♪)、二人でお部屋の隅と隅に立ちながら演奏し、お部屋の中で交互に響きあう二つの楽器の音色を皆様にお楽しみ頂きました


こちらの音楽堂では、小さなお子様たちだけの為に「子供の詩コンサート」というのがコンサート当日の午後に30分だけあるようです。
コンサートの時にはどのような服装で会場に向かい、演奏中はどのように音楽を楽しみ、そしてコンサート終了後には演奏者にどう挨拶をするべきなのか、可愛い子供達はその30分の中で学んでいくようです
素敵な企画ですね♪

子供の詩コンサートも夜の公演も、とても温かい雰囲気の中で演奏させて頂き、感謝感謝です☆

もっともっとたくさんの方に聴きにいらして頂きたい音楽堂でした。
1年を通してたくさんのコンサートを企画されているようですので、お近くにお住まいの方は是非、一度お運び下さい♪


写真は、フランスブルターニュ地方へ旅行に行ったときのものです。
とある教会のステンドグラスの色が、床や椅子にきらきらと映っていてとても綺麗でした


スポンサーサイト
プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。