スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディ上陸 Ⅲ

コピー ~ 2007.7月末 151


いつも私の旅行は「食べ歩き」がメインのようになってしまっていますが(特に狙っているわけではないんですけどね・・・・)、このノルマンディ滞在中も例に洩れず、朝ごはん食べてちょっと歩いて、お昼ご飯食べてジャンロジェの車に乗っている時に寝て、ちょっとだけ観光して、そしてまた帰りの車の中でも寝てしまって、家に着いたら夕ご飯を食べて寝て・・・・という生活を繰り返してました・・・・・。
何故だか、ジャンロジェの車に乗っているとすご~~~く眠くなってしまうんですよね~
運転がゆったりしていて気持ちよいのでしょうか??


続きを読む

スポンサーサイト

Fete de la musique ~音楽の日2007~




両親との旅行記がまだまだ続きますが、今日はちょっと寄り道。

昨日の6月21日、パリは「音楽の日」でした。
街中の至る所でクラシックやロック、ジャズが演奏されて、それを誰でも無料で楽しむ事が出来る日。
もちろん、自分達で演奏することも出来ます。(私は結局一回も参加する事はありませんでしたが。)

去年は試験前だったので、ひたすら練習をしていてちっとも楽しめなかったのですが、
今年は伴奏科の友達の試験のお手伝いをした後、夕方からパリの街に出て楽しんできました♪
平日だと言うのに若い人からお年寄りまで、一年のうちで一番日が長いこの日、
「音楽」をみんなで楽しみます。
20070623073216.jpg


私は友達と一緒に、オルセー美術館の中で、パリ国立管弦楽団の演奏でベートーヴェンの5番、
ルーヴル美術館のピラミッドの下の広場で、パリ管弦楽団の演奏でチャイコフスキーの5番のシンフォニーを(両方とも5番だったのは「意味があるのかな??」と友達と話していました。何かと関係あるんでしょうか??)を聴いてきました。

20070623073012.jpg
たくさんの人・人・人!!!!

ルーヴルは美術館に入る前の広場でしたが、オルセーでは地上階のたくさんの絵や彫刻に囲まれながらのコンサート。
人が多すぎて全くオーケストラは見えなかったし、地面に座っていてお尻が痛くて仕方がなかったですが、そんなのは大して気にならないぐらい、素敵な空間・瞬間でした


たまにぐるりと頭をまわして近くにある絵や彫刻を見ながら・・・
「私」よりも長い「とき」を過ごしてきた芸術たち。
目にはみえないけれど聴こえてくる世界を楽しむ「音楽」と、形はあるけれど「音の聞こえない世界」にある「美術品」たち。

いろいろな「運命」を感じた瞬間でした。

20070623073238.jpg
こちらはパリ管弦楽団。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ

<エマニュエル・パユー、ポール・メイエ、エリック・ル・サージュ>日曜の朝のコンサート

20070423082438.jpg

20070423082507.jpg


珍しく、続けざまに更新です。
最近、時間がある時に少しずつでも下書きをしていけば、
書き忘れることもないし、コンスタントに更新していけるかな?
と思って、ちょっとずつ書くことにしました。
一気に書こうとするのって、意外と気合が必要なんですよね、こんな文章でも・・・・。
せっかく書いたのに消えてしまったりして、腹立たしくて結局寝てしまう事しばしばですし。
・・・・なんて書いても、これがいつまで続くか分りませんが・・・・・。
頑張ります!

*****************************

ヴァカンス中の日曜日の朝、パユ様とクラリネティストのポール・メイエ、ピアニストのエリック・ル・サージュのコンサートがあったので、聴きに行ってきました。

続きを読む

パユーのコンサートで席取り合戦




3日の土曜日、パユーのコンサートに行ってきました!!!
初の生パユーです。

皆さんが「パユ様パユ様」と言うのが納得できました。
演奏も、お人柄も、とっても素敵でした。

今回も「席まだあるかな・・・・??」とかなり不安になりながらも当日券売り場に並んだら、まだありました!!3ユーロの席が!
でもこの3ユーロの席、全く舞台が見えないんです。

続きを読む

ロシア人の若手KATSARAVA先生のコンサート&ガレット・ド・ロア




先週の火曜日、エコールノルマル音楽院のお昼のコンサートで友達の先生であるピアニストのGuigla KATSARAVA先生が演奏されるという事で、聴きに行ってきました。

KATSARAVA先生はまだ30代半ばぐらいのロシア人の若手の先生です。
ノルマルには一体何人のピアノの先生がいらっしゃるんだろう??と思ってしまうぐらい、たくさんピアノの先生がいらっしゃいます。(もともとアルフレッド・コルトーという有名なピアニストが作った音楽院なのでピアノには特に力を入れているのかもしれません。)
エコールノルマル音楽院は公立の音楽院を退官された先生が多いので、有名な先生もたくさんいらっしゃいます。

続きを読む

モーツァルト オペラ「イドメネオ」&バレエ 「コッペリア」




年始に「頑張って更新します!!」と張り切って宣言したのに、久しぶりの更新となってしまいました。。
スミマセン。。

いろんな方に「更新楽しみにしています。」とコメント頂いて(有難うございます!!)、「頑張らなくちゃ!!」とは思っていたのですがコンサートが終わってしばらくボーっとしていましたら、こんなに日があいてしまいました。

随分前の話になってしまいますが、年末年始に観にいったモーツァルトのオペラ「イドメネオ」とバレエ「コッペリア」について書きたいと思います。

続きを読む

バレエ「ジゼル」@オペラ・ガルニエ




今日4つ目の記事!これで最後です!
申し訳ありませんが、コメントは旅行から帰ってきてから(26日以降)返事いたします!!すみません。

*******************************

火曜日、オペラ・ガルニエにてバレエ「ジゼル」を観てきました。

この日のチケットも6ユーロ(930円)!!!日本では考えられない値段ですね。
やっぱり席は一番上の端っこだったので、相当前に屈んだ姿勢でないと見えませんでしたが・・(この日は移動しませんでした)。

「白鳥の湖」といい、「ジゼル」といい、やっぱりバレエの名作はいいですね~
うっとりと観てしまいました。
あの白いチュチュ姿は女の人の憧れですね!!(以前「バイヤデール」を観たときも思いました)

前半は、コケティッシュな感じに踊っていたジゼル。とても可愛らしかったです♪
一転して後半は優雅に。

「ジゼル」はモダン、クラシックと2回観たことがあって、今回もクラシック。
モダンも良かったけれど、やっぱり何回も観たいのはクラシックの方ですね♪










オペラ座の中の一室。ゴージャスですね~


それでは、ストラスブールとランスに行って参ります!!!

皆様、Joyeux Noel(メリークリスマス)!!!

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ






プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。