スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ一の透明度

コピー ~ 2007.8 058


え~っと、やっと2007年8月の旅行記に入ります・・・・・
ガウリさんとノルマンディから帰ってきて、洗濯やら引越しの準備やらで1日だけパリで過ごした後、今度はアヌシーからレマン湖を通って、ヴェルビエ音楽祭、ブリエンツ、ルツェルンまでの旅をしました。
いつもいつも何かしら起こるアクシデントにもちゃんと遭遇したりもしましたが、終わってみればやっぱり最高の旅でした!!

というわけで、スイス横断(半分ぐらい・・・・)の旅行記を始めます!


続きを読む

スポンサーサイト

ノルマンディ上陸 Ⅳ

コピー ~ 2007.7月末 347


ノルマンディ最終日。

その日はちょうど近所でお祭りがあるとの事だったので、お昼はそこで食べよう!と前々から予定してました。
でも朝起きてみると、怪しい空模様・・・・。
一応近所の人に聞いてみると、お祭りはやっているようだったので、行ってみました!


続きを読む

ノルマンディ上陸 Ⅱ

コピー ~ 2007.7月末 121


前回から1ヶ月も経ってしまいました・・・。
コメントの返事もすっかり遅くなってしまいまして、スミマセン・・・。

11日と24日にコンサートを無事終えて、今年の本番は終了いたしました
2ヶ所とも、個人のお宅でのサロンコンサートだったのですが、どちらもコンサート終了後にクリスマスパーティーがありました
カメラを忘れてしまって携帯で撮りましたので画像が悪くてごめんなさい。。
(写真は11日にお邪魔したお宅です)
1.jpg
GetAttachment.jpg



さて、ノルマンディの日記に戻ります

続きを読む

ノルマンディ上陸 Ⅰ




7月の末、ガウリさんがパリに遊びに来て下さったので、是非是非一緒にノルマンディへ行きましょう!!とお誘いして、仲良くさせてもらっているマルタン夫妻の別荘があるノルマンディ、オーデルヴィルに行ってきました♪

マルタン夫妻はこのブログで度々登場していますが、私がパリに行った時からず~っとお世話になっているご夫婦です。
このノルマンディのお家にももう何回もお邪魔しているのですが、何回行っても飽きないほど、ここは素敵な場所で、これからまたフランスに遊びに行く機会があったら是非行きたい場所であります☆

今までのノルマンディ記はこちら♪→

続きを読む

ブルゴーニュへの食とワインの旅 Ⅶ レストラン「ル・プレ・オ・クレール」

20071010225241.jpg

ディジョン中心地、大公宮殿前の広場です。
あまりの暑さに子供達は噴水でお遊び。どこの国へ行っても子供達の可愛らしさは変わりませんね

20071010225302.jpg

最終日は雨がパラつく瞬間もあったのですが、このとおり気持ちよいぐらいの快晴。
やはり天気がよい方が観光していて気持ちよいですし、写真も適当に撮ってもそれなりに綺麗に撮れるので、いいですね☆


続きを読む

ブルゴーニュへの食とワインの旅 Ⅵ ヌヴェール・ディジョン

午前中にボーヌを見終わったので、ちょっと頑張ってロワール地方との境目、ヌヴェールへ。
20070925231249.jpg
ロワール川。

ヌヴェールは街の所々に古い建物が残っていました。こちらは教会です。
20070925231230.jpg

20070903011152.jpg
(これは以前にも載せた写真です。)

他にもたくさん見所があったのですが、あまりの天気の良さと暑さで断念。
ヌヴェール焼きと言われる陶器を探しに行ってしまいました

あまり時間もなかったのですが、さ~っと見て、お茶碗にもなりそうな器を2つ買っちゃいました



********************************
3日目はディジョン観光。
一時はフランス王家よりも羽振りがよかった、というブルゴーニュ公国の首都であり、芸術、料理、文化の中心地でありました。

特産品のマスタードが有名ですね。
ノーマルなマスタードの他に、バルサミコ酢が入ったものや、同じく特産品のカシスが入ったマスタードがお土産用に売られています。


ボーヌもそうでしたが、治安が良く街並みも上品で落ち着いていて、とても居心地が良いところでした。
フランス人にとっては、「歩いてよし、見てよし、食べてよし」の3拍子揃った街で、ディジョンの住人にとってはこれにまた「住んでよし」が加わった4拍子。昨年の「フランスの住みやすい街ベスト2」にも選ばれているそうです。
20070925231324.jpg
ボーヌの施療院にも使われているモザイクが、ディジョンでもあちこちで見られました。


ディジョンの見所は、ブルゴーニュ大公宮殿とサン・ミッシェル教会、ノートルダム教会、サン・ベーニュ大聖堂。
旧シャンモル修道院も見所ですが、残念ながら見る時間がありませんでした・・・。
大公宮殿も、選挙(??だったような気がします)か何かのため中は見ることが出来ませんでしたので、外側からだけ。
20070925231358.jpg

20070925231340.jpg



街の中央にある、13世紀に作られた面白い様式のノートルダム教会。
バラ窓の代わりに外壁の正面に51体のガーゴイルが並んでいます。
20070925231454.jpg


教会の天辺に仕掛け時計があって、4体の人形が時を知らせてくれます。
この人形は、初めは1体だけだったのですが(ジャックマールという名前らしいです)、「さみしいに違いない」という理由で、奥さん、息子、娘さんが100年ごとに作られたそうです
20070925231513.jpg


そしてこの教会のもう一つの見所は、「幸福のフクロウ」。
20070925231542.jpg
このフクロウを左手で撫でると幸せになれるらしいです。
最初、知らずに右手で撫でていたら、次に待っていたフランス人の女の子達が「左手で撫でるみたいよ」と言っていたので、もう一回、今度は左手で撫でてきました

このフクロウは街のシンボルになっていて、街中の道には「フクロウへの道」となる道しるべが。
20070925231439.jpg


20070925231600.jpg
ノートルダムの目の前にあるレストランにもフクロウと、猫ちゃんの姿がありました。


ディジョンでも、一つ星レストランへ入ってしまいました
続きは次回に☆


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 クラシックブログへ


ブルゴーニュへの食とワインの旅 Ⅴ 「ボーヌ」

20070925230722.jpg

ボーヌはブルゴーニュ公家が首都ディジョンに居を移す前に住んでいた街で、コート・ドール「黄金の丘陵」と呼ばれるブドウ栽培地帯の中心地。ボーヌからちょっと外に出ただけで、見渡す限りブドウ畑が広がっています。


街の中心地は直径600メートルほどの城壁に囲まれていて、教会や有名な「施療院」、またワイン博物館やワイン市場などが集まっています。
城壁の中、旧市街は道がすごく入り組んでいて、しかも一方通行だらけ!!!ホテルに辿り着くまでに何度も何度も同じ道をぐるぐると回ってしまって、結局1時間ぐらいうろうろしてしまいました・・・・

続きを読む

プロフィール

chinatsu♪

Author:chinatsu♪
7年弱過ごしたパリでの留学生活を終えて、2007年8月末に日本に帰ってきました。
旅行記も終わりましたので、これからは日本での生活、活動内容、そしてたま~に、留学時代の事も書いていきたいと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。